今日は憲法記念日

本日5/3は、憲法記念日だ。今から74年前の1947年5月3日に、現在の日本国憲法が施行された。制定から74年も時がたち、コロナ禍により緊急事態状況がないことへの指摘もあり、改憲への勢いがついてきているように思う。

私個人は、憲法改正賛成派だ。というのも、やっぱり時代に合わせてその形は変えていく必要があると思うからだ。

ルールというものは時代に合わせて変わっていくべきであり、そうしなければどんどん時代錯誤なものになってしまう。国内では改憲というだけで目くじらを立てる人がいるが、例えば戦後だけで見ても、台湾はこれまで7回、米国も6回改憲している。定期的にルールを見直し、より良い者にしていくのは当然の活動だと思う。

その中で、憲法9条の話が当然出てくると思う。武力を放棄するこの条項は、自衛隊の立ち位置を曖昧・危うくしている。個人的には、隣国のおかげでもはや武力放棄で平和を守れる状況にもないので、自衛隊専守防衛を中心としてうえで、武力・戦力は増強すべきと思う。米国も、もうアジアの問題には手を出せませんと言っているようなものなので、インド太平洋周辺国が対等な関係で連携するためには、日本も考え方を変える必要があると思う。

 

改憲をする際には、国民投票になると思うが、正直現時点で国民投票をしてもろくな結果にならないと思う。それは、私を含めてバックとなる知識や理解が不足しているからだ。多くの人は憲法記念日をGWの一つとしか捉えていないし、その制定の歴史も良く知らない(私もそうだった)。そのような状態で、憲法改正の是非を問うても、「何となくこっち」程度の意見で是非が決定してしまう危険性がある。

憲法は国の根幹を成すものなので、国民側もしっかりと理解し、自分なりの考えを持った上で、改憲に向かうべきと思う。

 

余談だが、政治について色々調べたりしていると、本当に極論というか強い言葉の意見が多い。立場や見方が違えば意見が異なるのは当然なのだが、すぐ右翼だ左翼だ死ねだクソだ言いたがるように思う。もっと滑らかに、中道的に両方の意見を聞いて、落ち着いて自分の意見を交換できる世の中であってほしい。でなければ、政治について発言することも怖くなるし、考えるだけで疲れてしまう。。。