オススメASMRer

ASMRという音声カテゴリーをご存じだろうか。

ASMRとは、”Autonomous Sensory Meridian Response”の略称で、Wikipedia曰く、

人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった反応・感覚。正式、および一般的な日本語訳は今のところ存在しないが、直訳すると自律感覚絶頂反応(じりつかんかくぜっちょうはんのう)となる。

とのこと。良く知られているのは囁き声や咀嚼音等で、高性能マイクの近くで音を発生させることで、耳に大きな刺激を与える音声コンテンツのことだ。

 

いわゆる音フェチジャンルに該当するが、私はその中でも「耳かき音」が大好きだ。仕事中などはしょっちゅう聞いているし、昼寝など短時間の睡眠にも利用している。

YouTubeには数々のASMRerが活動しているが、中でも私が好きなのが「高倉むき」さんだ。

割とエロ系とかシチュエーション系によりがちな耳かきASMRの中でも、彼女の動画は正統派耳かきASMRで、自身の声の良さと音圧が強さが相まって大変リラックスできる。特にオススメなのが以下の三本。毎日どれか一本は聞きながら仕事をしている気がする。




ASMRはリラックス効果や集中力向上に役立つそうだが、二点気をつけなければならないポイントがある。

一つ目が、イヤホンの長時間着用による影響だ。私はカナル型イヤホンを使用しているため、耳がほぼ完全に密閉されてしまう。その状態で長時間過ごすと、耳の中の湿度が上がり、雑菌が繁殖、最悪カビが生えてしまうらしい。なので、最低でも1時間に一回はイヤホンを外し、換気する必要がある。

二つ目が、依存症だ。特に睡眠時等に聞くと、気持ち良いサウンドと共に眠りに落ちることができるのだが、あまりにも聞きすぎると「ASMRなしでは寝られない」という依存症状態に陥ってしまう。これは私もなりかけたことがあり、起きている状態でもASMRの音が聞こえるような感覚になる。そして、寝るときには無音では何か寂しく感じてしまうのだ。その時は、危機感を感じ、「ASMR断ち」をすることで解消することができた。

コロナ禍で在宅勤務が増えたことにより、職場の雑音の大切さを実感した人も多いと思う。そのような人にとって、ASMRは仕事の効率化に貢献してくれるコンテンツだし、ストレスによる睡眠障害への対応としても効果的かもしれない。しかし、何事も適量が大切ということで、是非上記二点について十分注意してASMRを楽しんでほしい。