勉強の意義がようやくわかった気がする

ここ最近、政治関連の勉強をしているのだが、その中でようやく勉強の意義の一つが分かってきた気がする。それは、「異なる意見を客観的に見るスキルを養うこと」だ。

特に今は憲法について勉強していて、憲法改正の是非などに関する本を読んでいる。そうすると、憲法改正に賛成する意見と、他方では反対している意見があることに気づく。その言い分を見てみると、賛成派は昨今のアジア情勢を鑑みて、(あくまで9条は尊重した上で)自己防衛力を強化するために憲法改正を訴えている。他方反対派は、憲法解釈に基づくと自衛権は確保されており、ただ明記するだけでは解決にならないと主張する。表面的に見れば賛成 vs 反対という構図だが、その主張の裏には「現行憲法実際に国を守れるのか」と、「現行憲法解釈として国を守れるのか」という、全く異なる立場に立った対立が存在しているのだ。

ここに気づくと、双方の意見はどちらも正しい、少なくとも納得できることが分かり、問題はそこまで単純でないことが分かる。確かに現実問題、中国や北朝鮮の脅威は高まっているので、専守防衛に限らない防衛力も必要だと思う。しかし、ではそのためにはどこまでの改正をどのように行うべきなのかというのは難しい問題だ。「憲法改正」と聞くと、すぐに9条を撤廃するかしないかという問題になるが、実際には75年間の歴史がある訳で、それをしっかりと理解しないで結論を出す訳にはいかない。よく駅前で憲法9条改正反対運動をしている人たちがいるが、彼らはどのような立場・解釈に立ってあのような運動をしているのか、がぜん興味が湧いてきた気がする。

話が脱線したが、上記のような立場の違いは、憲法について勉強して始めて気づいた違いだ。そして、世の中には同じような問題が多く存在すると思う。そう思うと、勉強することにより、異なる意見を客観的に比較、相違点・共通点を見つけるスキルが養われるのではないかと思う。これまで自分が行ってきた勉強は〇×をつけるものであったが、現実はそのように簡単ではないということを、初めて学んだ気がする。

もっと早く気づけば良かったと思ってやまないが、何事も始めるのに遅すぎることはない。今日気付いたなら、今日から実践すれば良いのだ。そんなことを思いながら、興味も勉強に励んでいる。